「グレアム尊士の好き勝手放題」

      

 

      

真紅の暗殺者

 

バイショオオオ

 

 

デイドラの王子「メルエーン・デイゴン」を崇拝する邪教集団「深遠の暁」の誇る暗殺者の1人、本名不詳。

時の皇帝ユリエル・セプティム7世を暗殺するためのチームに加わり暗躍する…はずであったが、

どうやら帝都で仲間とはぐれたらしく、またなにを勘違いしたのか全く無関係なちびのノルドに襲いかかり、逆に撃退される。

その後は組織を破門されたらしく、現在は流浪の傭兵としてシロディールを彷徨っている。

 

オブリビオン界の騎士デイドラの鎧を身に纏う召喚装甲を駆使し、その戦闘能力は百般の戦士を凌駕する。

しかし作中での扱いは憎むべき敵キャラというよりムードメーカーに近く、

また妙に親しみやすい性格をしているためか、なし崩し的に主人公サイドと共闘関係を結ぶことも。

 

ちびのノルドとはそれなりに気の置ける関係らしいが、これがロマンスに発展することはないであろう。

むしろちびのノルドに出会うと必ず金的を蹴られるジンクスがあるため、なるべく出会いたくないと思っているらしい。

 

今後の活躍が期待される。バイショオオオ。