×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「グレアム尊士の好き勝手放題」

      

 

      

NS−9A1 「ノヴァ・ストレートライン タイプA1」

 

 

 

解説 : 新暦568年に生産を開始したNS−9ピストルの欠点を克服し、多数の改良を施したモデル。571年に生産が開始され、以後20年以上も製造が続けられたノヴァ・テクノロジー社(以下ノヴァテク)のマスターピース・モデルである。新開発の強化プラスチック素材を採用したグリップを筆頭に、全体的なデザインの改良、マニュアル・セイフティの追加など、初期モデルからの変更点は多い。トリガーに組み込まれたネジはハンマー解放後の余分なストロークを無くす役割を果たしており、より実戦的な構造となっている。のちに本モデルをベースにしたNSM−1が軍用に開発されるが、そちらは民間向けの販売はしていないため、ノヴァテク傘下の警察機構などはこのNS−9A1を採用している。

 

 

コンセプト : 民間向けNS−9シリーズの完成型です。木製グリップの装着というNS−9Bの消極的な対処から一転して大幅なマイナー・チェンジが施されているため、そのギャップや見た目のインパクトもあり市場に登場してから瞬く間にヒットしたノヴァテクのベストセラー・ピストルと言えます。ただし値段はNS−9よりも若干高めに設定されており、またNS−9A1の登場によりNS−9の市場価格が低下したことから、中流〜下層階級ではNS−9に根強い人気が残る結果となりました。ちなみにトリガー・ガードが妙な形をしていますが、これは設計者アレックス・ウィンゲート自慢のデザインです。先進的なデザイン(?)でユーザーにアピールするという大義名分はありますが、本心は多分に(当人なりの)カッコ良さを追求したものと思われます。ちなみに当のユーザーからは、ホルスターから銃を抜き差しする際に引っかかりやすいという否定的な意見が多いです。